風俗で稼ぐ上で大切な「源氏名」

風俗で稼ぐ上で大切な「源氏名」

キャバクラなどの水商売や風俗のお店に行くと、そこに在籍する女の子は大抵本名ではなく「源氏名」と呼ばれるニックネームを付けている場合が多いことが分かる。これはお店のスタッフではなく女の子本人が決めるというものが一般的だ。またそこで付ける名前にも様々な思惑があるという話もある。まず「源氏名」を付ける目的は知り合いからばれることを防ぐこと。風俗店で働く際に自分の名前をそのまま源氏名にしてしまうと当然知っている人に怪しまれ、風俗店で働いていることがばれる可能性も生じるという。それだけに自分とは縁もゆかりもない・憧れている有名人・または母や姉妹など肉親の名前を付けるといった形で源氏名を付けるケースもある。どのように決めるのかは人によって異なってくるが、絶対にばれたくないのであれば肉親や知り合いから自分だと思われる名前は避けた方が無難だろう。

上手な「源氏名」のつけ方

そして指名を取るためにインパクトのある名前を付けるということも重要となってくる。ただインパクトのある名前と言っても今で言うキラキラネームを付ける必要はない。自分のイメージにあってなおかつお客など多くの人に覚えてもらえる名前が好ましい。それだけにシンプルで親しみやすい名前を考えるのが良い。ただあまりにも多い源氏名であると同僚と名前が被ってしまうこともあり、できるだけそれだけは避けたいところだ。また中には戦略的な目的があって名前を考えるという人もいるという。お店のホームページに掲載されている在籍表はお店によっては、五十音順で並べられているということもあるという。つまり上の方の名前であれば多くの人が見る可能性があり、下の方の名前であればあまり見られることはない。さらに言えば上に来る名前であれば自分の存在を目立たせることができ、それが指名や報酬の増加につながってくるという部分もあるということだ。そのため「あい」など五十音順で必ず上位に来るような名前を選んで付けているという人もいるそうだ。これによってどこまでメリットが生じるのかは分からないが、名前ひとつで稼ぎが変わる可能性があるということなら試してみる価値はあるかもしれない。
ある意味自分の名前を自分で考えて付けることができるというのは、他の業界ではなかなかないシステムだ。それに女の子の中には普段と風俗店で働くことについて切り離している人も少なからず存在するため、風俗嬢としての自分に切り替えるための源氏名ということも言えるかもしれない。