和歌山風俗求人と高級デリヘル嬢

私は渋谷の高級デリヘルで働き始めてからもうすぐ5か月が経ちます。その前まではデリヘル嬢として3年間働いていたのですが、高級デリヘルという風俗業態ができてからは、デリヘルを利用するなら自宅、高級デリヘルならホテルと決めるようになったお客さんが増えてしまい、私はどんなに不潔な環境であろうとお客様の自宅でサービスを提供しなければならなくなったのです。デリヘルを利用する人の中には貧乏な人もいて、普段は使っていなくて掃除すらしていないお風呂でシャワーを浴びることもありました。3年もデリヘル嬢として風俗業界に腰を据えていましたが、さすがにキツイと思うようになり、自宅のリスクのない渋谷の高級デリヘルへと移籍したのです。
高級デリヘルの中でも渋谷を場所に選んだ理由はいくつかあるのですが、一つは若者が多いことです。渋谷は埼玉県民が東京に出てくる際の玄関口で交通の便が良く、飲み屋や買い物する場所も多い上、池袋には日本でも屈指の有名校であるR大学があるため大学生をはじめとする若者が集まります。そして、飲み会終わりや学校終わりにフラっとホテヘルを利用するという例も少なくないのです。私は五反田のデリヘル嬢として働いていたのですが、おじさんが多く若い男の人と遊べることなんて月に一回あればよい方でした。しかし渋谷では、基本はおじさんが利用してくれるのですが、若者の割合は五反田と比べると格段に上で出勤すれば一回は大学生や若手社員と遭遇します。お金も貰って若い男の子とも遊べて、渋谷高級デリヘルはまさに夢のような職場と言えるのです。
もう一つの理由は、先述のように交通の便が良いことです。実は私昼間はOLをこなしながら平日の夜と土日にホテヘルで働いているのですが、渋谷は会社への通り道なので自宅からも会社からも通いやすくて非常に助かっています。ここだけの話、交通費も二重に貰っていて家計は大助かりです。
あとは家族に行先を伝えられるということです。というのも前は五反田のデリヘルに勤めていたのだけど、五反田は観光スポットも商業施設も池袋程充実していなくて、五反田=風俗とテレビの影響でみんなイメージしていると思います。だから、家族に休日は五反田に行くとは言えなくて、いつも丸の内にちょっとお買い物に行くって嘘をついていたのです。でも渋谷の高級デリヘルで働くようになって水族館も映画館もデパートもある渋谷なら休日に行っても怪しまれないから、家族に嘘をつくことなく渋谷に行ってくると言えるようになりました。やっぱり家族に嘘をつくのは何よりも辛かったです。
こんな理由で私は渋谷の高級デリヘルで働くようになりました。他地域の風俗で働いている人は移動をオススメしますよ。
私は特に落ち着いた場所で働ける、和歌山風俗の求人に注目しています。